ここからは「ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして」の考察をしています。

ネタバレ、感想、各話の見どころなどを含めて書いています。結構長いので、「ガリガリ娘をを深く知りたい!」という方はチェックしてみて下さい。

ガリガリ娘というタイトルが付けられた要因は?

この漫画を読む前に気になっていたのは

「ガリガリ娘」というワード。

  • 「どうして痩せてるのか?」
  • 「どれだけ痩せているのか?」
  • 「どんだけ食べても太れない女の子が登場するのかな?」

と思っていましたが、マンガを読んでみるとガリガリになった原因は予想と全然違いました。

娘を小屋に閉じ込め外との接触を遮断&ネグレクトが原因だったのです。

 

最近はニュースやネット等でも「この問題」については絶対に炎上する案件となっています。

それを漫画としてリアルに描くなんて、作者の「チンジャオ娘さんと小桜クマネコさん」はとんでもない漫画家だな。と感服させられてしまいました。

(こういうニュースに興味を持つ人は、予備軍も一定数いると言われていますよね)

 

ニュースでもある程度の真相は報道されますが、「ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして」の内容はそれ以上の深刻な問題が描かれていました。

 

1話ではオトナの身体になった娘が父親から性的強〇要などされてるので、心臓が弱くてショックに耐えられ無い方は、本編を見ない方がいいかもしれません・・・

(特に娘がいる方、姪っ子を可愛がってる方は絶対に読まない方がいいです。理由は読めばわかります。なので読まない方がいいです。)

 

➡それでも無料立ち読みをしてみる!という方はこちら

ガリガリ娘を拾ったら【主人公ナナ】を考察してみた

父親から虐●を受けご飯を与えられず、年相応には見えないほど、痩せ細ってしまっていたナナ。

 

今まで「逃げる」というチャンスが無かったけど、この夜は父親はカギを閉めずにナナが監禁されてる小屋から出ていきました。

 

父親から1mmでも遠く離れないといけないのに、体力が尽きて倒れ込んでしまったナナ。

 

道で石川という男に声をかけられるも、

「この男もアイツと同じだ」

と思うのです。

 

「逃げなきゃ・・・」
と思っていたのに体力は完全に消耗。

石川に保護され自宅へと連れ帰られてしまうのでした。

(この段階ではまだ、他人の善意を信じられない性格です)

 

目が覚めご飯を食べさせてもらうと

「ご飯を他人に食べさせるなんて下心があるはずだ」

「やっぱり私とSEXしたいだけだ」

「しょうがない。してあげるか・・・」

 

石川のパンツを脱がせて
手と口を使って気持ち良くさせてあげるのです。

 

それでもまだ大きいままの石川のチ☆ポを見て、

 

「もう濡れたので」

「穴に入れてもいいですよ」

 

冷めきった無表情の顔のまま
SEXをさせていくのです。

 

「こんな子がどうして・・・」

と思っていても、

大胆な行動を次々にされて従ってしまう石川。

 

「あんな家には帰りたくない」

「お願いです。ここに住まわせてください」

 

と言うナナと一緒に暮らし始めていくのです。

 

今まで食べれなかったご飯をたくさん食べることが出来て、安心して眠れる温かい部屋。

 

ひどくて辛い環境から離れ、ナナの体型にも変化が。

 

あれだけ貧乳だった胸は大きくなり

おっぱいが好きな石川の為に
もっと大きくしたいとご飯を食べ続けるのです。

 

食べ過ぎて一時期はデブになってしまうも、ダイエットの甲斐あってスレンダーなムチムチ美少女になっていく!

→1話ネタバレはこちら

ナナの家庭環境について深堀り


(生まれて初めて食べるパスタ)
(あまりの美味しさに無言で食べてしまう)

 

「ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして」第1話の前半では、

  • 暴言
  • 暴〇力
  • 性的な強〇要
  • レ☆プ

など、非常に過激で危険な描写が多く描かれています。

 

その時のナナの表情は本当に可哀想で、

見てるだけなのに
悲しい気持ちになってしまいます・・・

 

父親が娘にこんなヒドイ行為をしているので、

「離婚を突き付けられて独り身」

と思っていました。

(嫁がいるのに娘にこんなコトは出来ないはず・・・)

 

 

でも、

最終話の9話で嫁が登場。

「おいおい!どういう事だよ!」

「もしかして、ナナが金になるから再婚したの?」

と思ってしまいました。

 

本当の母親であっても
仮に再婚した女であっても、

「娘には売りをして稼いでもらうから」

なんて言葉が出てくる時点で

人間としてクズなのは確定です。

 

こんな両親に育てられたら、

ナナじゃなくったって誰でも精神的におかしくなってしまうでしょう・・・

→9話ネタバレはこちら

石川と出会った時のナナの精神状態

 

ナナが石川に出会わなければ、
結末はあんな感じにはならなかったと思います。

 

寒い冬の夜に
薄いペラペラな生地のパジャマ1枚と裸足。

髪の毛はもっさりとしていて
年頃の女の子には見えません。

 

石川がナナを初めて見たときは

「大丈夫か?」

「こんな寒い夜にこんな服装」

「絶対におかしいだろ・・・」

と思ったはずです。

 

「警察に行こうか?」

と声をかけてもニラみつけられて逃げるナナ。

 

その数秒後には突然震え出し、

「この男もアイツと同じでSEXしたいだけなんだろう」

と判断します。

 

「好きでもない男とSEXするなんて」
「もういやだ!」

 

18才のナナが石川に見せた
恐怖におびえた反応は自然なことだと思いました。

→2話ネタバレはこちら

ナナは今まで何を食べてきたのか?

「ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして」の中ではナナが石川の作った料理を食べるシーンが多く描かれています。

 

そんなナナはパスタを食べた事がありません。

そして、

豚肉と鶏肉の違いもわかりません。

 

実家にいた時に何を食べていたのか?

までは漫画の中で描かれていませんが、
石川の作った料理や食材の種類もまったく知りません。

 

18才の女の子といえばそれなりに料理は作れるはずだし、食べてきたはず。

 

なのに、

それすら分からないなんて実家にいた時はいつも同じようなご飯しか食べさせてもらえなかったんでしょう。

(あんな父親と母親なら、娘に満足な食事を与えなさそうです)

 

 

「ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして」1話の中ではこんなセリフがありました。

 

「フ☆ラが終わったら飯出してやるよ」
「上手に出来たらな!」

 

口を使って上手に舐めないと
ご飯を食べさせてもらえない環境。

 

そして

「やる事やらないで飯が食えると思うな!」

とも言っているので、

父親を満足させないと
ご飯を食べさせてもらえなかったんでしょう。

 

こんな家庭で育てられたナナが
石川の作った料理を食べる前に思うのは、

 

「この男もSEXしたいんだろう」

 

ということ。

 

長い間、そういう生活が続いたせいで、ナナの感覚は麻痺していたのです・・・

→4話ネタバレはこちら

石川の優しさに気付くナナ。初めて他人に愛情を抱く

 

ナナを道路で保護した翌日。

「お願いです」
と頼まれて一緒に暮らすことにした石川。

 

最初は

「この手の子にはよくある事だろう・・・」
と金品を盗まれる事を予想していました。

 

でもナナはそんな事を一切せず、

自分から出した

  • 家事
  • SEX

という条件をサボる事なくこなしてくるのです。

 

この時のナナはまだ

「身体が目当てで住まわせてくれてる」

と思っています。

 

なので、

お風呂で体を洗ってあげたり、帰ってきた石川を手で気持ち良くさせたりしていきます。

 

そういう行為をする事で

心が満たされるなんて、

いかに実家に住んでた時の暮らしが残酷なモノだったのか、考えるだけで悲しくなってきます。

 

石川との共同生活がつづく中、ナナの心境に変化が出てきます。

 

  • お風呂に入ってる時に髪の毛を洗ってもらったり
  • 新しい洋服を買ってもらえたり
  • ナナを気持ち良くさせたいと言われたり

という事を石川にされてからです。

 

普通なら石川がナナにした行為はごく普通なこと。

 

「この男の優しさには裏はないのか?」
自然とそんな気持ちになっていきます。

 

そして、

そんな生活が続くと
石川に愛情を注ぐようになっていくのです。

 

貯金が少しずつ貯まりはじめると、

「この家で暮らせなくなるのではないか・・・」
「ということは、一緒に住めなくなるのではないか・・・」

不安で圧し潰されそうになってしまいます。

 

この時のナナを見ると
やっと普通の女の子になってきたんだな。
と思ってしまいます。

 

異性への感情が芽生え始めた頃、
同時にSEXでの快楽を知るようになります。

 

今までは
「自分が積極的に動いて、相手を満足させるのが義務」
と思っていたナナが

「石川さんから動いてほしいな」

とお願いしてみたり、

「ここ、さわってください・・・」

とアソコをさわらせてみたり。

 

初めてイキそうになった時のナナは
SEXのシーンで1番可愛らしかったです♡

→7話ネタバレはこちら

ご飯を食べて巨乳にはなったが、デブになってしまうナナ

 

「ちょっと痩せた方がいいと思うんだ・・・」

 

ご飯を毎日食べ過ぎたおかげで、見事なまでの巨乳になったナナ。

 

念願のパイズリは出来るようになったけど、石川からクレームを言われてしまったのです。

 

健康面を考えてるから…かもしれませんが、

ナナが何をしても文句を言わなかった石川がクレームを言うなんて、ナナはショックだったと思います。

 

「外に出るのが怖い」

と言って、最初は石川が提案したランニングを拒否するナナ。

 

でも、

「一緒に走るから」

と言われると渋々、受け入れるのです。

 

 

「ダイエットって何ですか?」

 

テレビも無い生活を過ごしていたせいで一般的な知識はナシ。

 

そんなナナは

ランニング中にSEXしたくなって

「Hもダイエットになるんじゃないですか?」

と平気な顔をして石川に聞いてくるのです。

 

(そんな事も知らないなんて可哀想だな・・・)

この時のシーンを読んで、悲しくなってしまいました。

→7話ネタバレはこちら

ダイエットに成功したナナと濃厚SEX

 

公園でのSEXを繰り返しながらダイエットに成功していたナナ。

 

外出恐怖症は克服して、昼間に散歩する余裕まで出てきたのです。

 

一緒に歩いてるとナナに集まる通行人の視線。

 

出会った頃とは違い、ナナは美少女になっていたのです。

 

石川は気づいていないけど、少しずつ恋愛感情を抱いていたナナ。

 

同時に
石川の貯金が目標金額に届きそうになってる事を知っていたのです。

 

「石川さんがお店を始めれば」

「私の居場所は無くなってしまう」

「石川さんと一緒にいれないの?」

 

不安な気持ちになってしまうのです。

 

そんな不安な気持ちに押しつぶされそうになっていた時、

 

「恋人同士が愛し合う場所」

と教えてもらったラブホへ行きたいとお願いするナナ。

 

この日のSEXは今までで1番、自分の気持ちを伝えようとしていくのです。

 

ナナが石川を想うずっと前からナナを愛し始めていた石川。

 

「ずっと一緒にいたい」

という気持ちをぶつけ合い、2人はより深い関係になっていくのでした。

→8話ネタバレはこちら

別れる原因は突然やって来た・・・

 

今までの仕事という関係ではなく、恋人としての生活を始めていたナナと石川。

 

お互いを想い合い、

一緒にお店をやりたいな・・・

幸せな生活を送っていました。

 

そんな中、

石川のマンションにやって来たのは、ナナを監●していた父親と母親・・・

 

「いい女に成長したナナは金になる」

と必死で探し回っていたのです。

 

石川のマンションのドアを開け、土足で侵入してくる父親。

 

 

「アンタにはこれから」

「売りで稼いでもらうからね!」

 

両親の服装や髪型、そして

「金を稼いでもらう!」

という言葉から容易に想像できるのは、

 

何かを売る販売員になってもらう

ことでは無いという事・・・

 

明らかに店舗型か無店舗型の風俗店で働かせて娘から金をむしり取ろう

としているのです。

 

 

「こんな日が来るのではないか?」

「来なければ1番良いんだろうけど…」

 

両親がナナを奪いに来るのを予想していた石川。

 

 

お店の準備資金を小切手にして手渡し、ナナの親権と交換。

 

「これからはナナと一切かかわるな!」

という言葉は非常に重くて、
ナナを心から愛している証明なんだ。

と思いました。

 

何年も自分の夢を叶える為に貯めた1000万円。

金額は大きいけど、

未来への投資

という形で見れば安いのではないかな?

と。

 

1000万円で娘を売った金しか考えていないクソみたいな両親。

 

このあとはきっと、地獄を見るんだと思います。

 

このような形で最終回を迎えて良かったと思います。

 

9話ネタバレはこちら

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりましてを描いた理由は?

「どうしてチンジャオ娘と小桜クマネコはこのような漫画を描いたのか?」

自分なりに考えてみました。

 

「こんな漫画が世の中に無かったから」
というのは大きいと思います。

 

でも、
「ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして」を通じて、世の中にメッセージを伝えたかったのではないか?

と思うんです。

 

虐●されてる子供はたくさんいる。

そんな子は、学校に行ってないせいで知識も常識もない。

知識が無いから、「親の言うことは絶対」だと思い込んでいる。

女<男と思っている。

こんなメッセージを漫画を通じて発信したのではないか?

と「ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして」を読み終えて思いました。

 

また、最近は

「女性に対して恋愛感情を持たない男性も多い」と言われています。

 

  • お金は使う物ではなく貯める物。
  • 面倒な人助けは必要ない。
  • ましてやトラブルに巻き込まれるなんて、絶対に回避したい。

 

石川はナナと出会う前まで1人暮らしで、夢を叶える為に数百万円も貯金してきました。

 

でも、

「困ってる人を助けたい」

という気持ちから、生活費を倍以上にしてまでナナの面倒を見てきました。

 

石川の行為によって

ナナの暗かった人生は明るいものへと変わりました。

 

→ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりましてネタバレまとめ

 

こんな世の中で石川がナナにした全ての行為は、今の日本男性が無くしてしまったドラマでも映画でも見れなくなった純愛ストーリーだと思いました。